虫歯になったらすぐにクリニックへ hyprocc.com

虫歯にならないための自宅ケア


虫歯になったらすぐにクリニックへ
トップ » クリニック関連

Contents

運営者情報

クリニックと病院の違いについて

クリニックと病院の違いについて知っていますか。病院のほうが規模が大きいことはわかると思います。違いは入院設備であるベッドの数です。ベッドの数が19床以下の場合をクリニック、20床以上ある場合を病院といいます。これは医療政策六法によって定義されています。病院になると運営基準が厳しくなり、医師や看護師、薬剤師、深夜当直など様々な制約が与えられます。そのため、多くの運営者は、ベッド数を19床までにおさえてクリニックとして運営を行っているのです。参考までにいうとベッド数が100床以上で総合病院となります。

虫歯の治療が手遅れにならないように

虫歯は誰にでも起こりうる歯の病気です。放っておけば、歯の根幹や神経にまで到達し、最終的には抜かなければならない、といった事態にも陥るかもしれません。そのためには早期に治療することが肝心です。早期発見早期治療は、医療に於いてもっとも大切なことです。歯の健康は、内臓系、つまりは体全体の健康にかかわってくることになります。歯が健康でなければ、食べ物をうまく食べることができなくなります。それにより多臓器不全を起こすことも考えられます。よって歯の健康はとても大切なことなのです。治療は拒まず、早めに行うようにしましょう。

クリニックは入院設備が19人以下の施設

クリニックは「診療所」のことで、医師もしくは歯科医師が診療を行う施設のことです。これは医療法上の医療機関のうちの一つで、20人以上の入院設備を備える「病院」に対して、入院設備のないもの又は入院設備が19人以下のものをいいます。また、病院には医師・看護師・薬剤師等について最低限配置しなければならない人数の決まりがありますが、クリニックでは管理者である医師1名の他には特に人数の基準は定められていません。ところで、「医院」は医療法上の正式な呼称ではないので、病院や診療所が医院を名乗るのは床数等にかかわらず自由です。 また、病院は建築基準法によって都市計画法上の用途地域による建築制限を受けるのに対して、クリニックは条例等で特段の定めがない限りどの場所でも建築可能です。