インプラント治療ができない場合の対応方法 hyprocc.com

インプラントをするための治療について


インプラント治療ができない場合の対応方法
トップ » クリニック関連 » インプラントをするための治療について

Contents

運営者情報

インプラントと骨再生について

インプラント治療は骨の中に人工歯根になる構造体を挿入して土台を作り出す治療です。構造体を埋め込むためには、骨の量が必要になります。骨の量は、歯を失ってからの期間が長くなることで少なくなります。これは歯を支える役目を失った歯槽骨が吸収され少なくなるからなのです。また、体質や歯の場所によっても骨の量が少なく、そのままでは構造体を埋め込む事が出来ません。

これではインプラント治療を受けることが出来ないわけです。そこで、骨造成や骨再生を行う事で構造体を埋め込める骨の量にすることが出来ると言います。骨を増量させることで構造体を埋め込めるのですが、その方法の1つに骨再生誘導法が有ります。骨再生誘導法はGBR法とも呼ばれている方法で粉砕を行った自家骨や骨補填材を使う方法です。自家骨や骨補填材を置いた後に、人工膜を置くと言う方法です。

尚、骨再生誘導法は歯茎などのような柔らかい組織が混入し難くなるため、骨の再生が促進されると言う利点が有ります。因みに、骨が一定量になるまでの期間は3か月から6か月程度かかると言われており、適量になった時点でインプラントの治療を始めることになるのが特徴で、骨の増量と合わせて1年程度の期間が必要になります。